多くの人がクレジットカードを持つ時代となりました。
カードもひとつの身分証明のように扱われることがあります。
ETCの普及で、今までクレジットカードを持つことに抵抗があった人も、クレジットカードを持つことになってきた時代です。
ETCカードは、多くはクレジットカードでの支払いが基本です。
そのため、ETCカードとクレジットカードはセットと考えても良いでしょう。
もっとわかりやすくいえば、クレジットカードが親カード、ETCカードはその子カードになるわけです。

スポンサードリンク

ETCカード 使ってお得!

私たちは、よくクレジットカードを作るときには、年会費や特典、使用するシーンが多いかなどを考えて信販会社を選びます。

しかし、ETCカードに関しては、どこのカード会社のものでも特典などは変わりません。
高速道路をETC走行する際の時間帯割引などは、どこのカード会社でも同じように利用できます。

マイレージサービスに申し込めば、どこのカード会社のETCカードであろうと、通行料に応じてポイントはたまっていきます。

このサービスに申し込むとマイレージカードというカードが発行されるわけではなく、登録したETCカードに対し、マイレージIDが発行されることになっています。
今使っているETCカードがマイレージカードでもあると考えればよいでしょう。

結果的に、どこのETCカードがお得か、というと、親カードの年会費や特典で選ぶのがよいと思います。
クレジットカードは、ガソリンスタンド系のカードや、ビデオレンタル店のカードなど、ほとんどのカードでETCカードの申し込みもできるので、自分がよく利用するところで作るのが、もっともお得といえます。

ただし、給油やビデオレンタルなどでたまったポイントを、ETC利用で利用できません。
その逆もしかり。

ETCマイレージは、ETCを使って高速道路を無線通行したときのポイントで、高速道路の通行料としてのみ利用できます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ETC マイレージカード:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://card.f122.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。